05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

奇跡?の修復シリーズ  自転車第三弾~ 

こんにちはpapaです。
またまた自転車シリーズですいません。mamaの復活まで
しばらくかかりそうです。
さてすっかり更新しておりませんでしたが、自転車修理シリーズの続きです。

前回またまた特殊工具が必要であることが判明し得意のヤフオクで専用工具を購入しました。
その名も「BB抜き工具」 SHIMANO製で1180円 
BB抜き工具
こいつを使ってベアリングを外す訳なんですが、とにかく硬い! 長さ30cm以上もある自動車用の
レンチを使っても中々外れなくて苦労する。 格闘すること20分 ようやくベアリングが登場
長さ30cmの特殊レンチで全開パワー!


グリスが真っ黒く汚れ、中の部品が壊れていた。異音の原因が良く解る 長年の磨耗で
ベアリングが変形している。どうみても交換が必要である。
外れたベアリングとシャフト
変形したベアリング


そこでベアリングをシャフトが一体型になった「ボトムブラケット」通称BBという
部品を今度は楽天市場で購入した。「SR suntour」製BBで1600円


後はこいつを取り付けると 愛車が復活する予定です。色々用事もあって取り付けは2月になりそうです。

スポンサーサイト

カテゴリ: papa日記

[edit]

△page top

奇跡?の修復シリーズ  自転車第二弾~ 

奇跡?の修復シリーズ 自転車第二弾~

こんにちはpapaです。
またしてもmamaがブログを更新しないので、
前回に続き第二弾です。

いよいよブログをのっとり計画です(ニヤリ

さてヤフオクで落札した
「コッタレスクランク抜き工具」が到着しました。
この先二度と使うことの無い専用工具を購入し今週も貴重な休日を
修理の時間に費やします。
コッタレスクランク抜き




先週から一週間ベランダに放置してあった愛車「SCHWIN」のクランク中心部に
専用工具をねじ込み、19mmのスパナで、中央部を時計回りにねじ込んでいきます。

そうするとクランクが外れるはずなんですが、何しろ「硬い!」 左手でペダルを押さえ右手でスパナを回しますが
硬くて回らない。 その位ガッチリと クランクとベアリングはくっ付いております。※正式にはBB(ボトムブラケット)と言うようです。
クランクは専用工具無しでは、絶対外れないと思います。
P1010277.jpg

格闘すること20分 やっと左右のクランクがはずれました。(ふー疲れた)

P1010279.jpg



そこにはベアリングから四角形のシャフトが出ていて、そのシャフトを回してみると、ガタガタと
完全にベアリングが磨耗しておりました。しかも砂が入っているようで、ジャリジャリと音がします。

次はベアリングをフレームから外して、清掃しなければなりませんが、何と!!

またしても専用工具が必要であることが判明します。

「BBツール」

P1010282.jpg

BBツールというものを使ってベアリングを外すようです。 
またしても、この先二度と使うことの無い専用工具を購入しなければなりません(ガーン!)

またまたヤフオクで落札して来週に持越しです。

クリスマスの三連休で勝負です。

カテゴリ: papa日記

[edit]

△page top

奇跡?の修復シリーズ   

こんにちはpapaです。
最近mamaが全然ブログを更新しなくなったので、
ちょっと企画を考えてみました。内容は身の回りの物が壊れて
何とか自力で修理する(治せない事もよくある)事をブログで公表してみようと思います。
第一回目は自転車です。
愛車 SCHWIN

私が乗っている自転車はマウンテンバイクで、2005年に福岡に単身赴任で3ヶ月住んでいたときに
買ったお気に入りの自転車です。「SCHWIN」というアメリカのメーカーで当時3万円位で買いました。
こいつに乗って福岡市内を冒険しまくり、埼玉に帰ってきてからも、浜松町の会社まで自転車で行ってみたり
かなりの距離を走っており、見た目も結構ボロボロな状態になっておりますがなかなか愛着もあり気に入っております。

ある日ペダルをこぐと「ガキン!」と違和感のある異音がでるようになってしまいました。思いっきり力を入れて
ペダルを踏み込むと音が鳴るような感じでしたが、原因が解らずそのまま乗り続けておりました。
やがて「ガキン!」は頻繁に鳴るようになり、とうとう踏み込む度に「ガキン!」「ガキン!」「ガキン!」と
末期状態になったので、駐輪場で点検してみるとペダルのクランクとクランクの間に入っている「ベアリング」が磨耗して異音がしている様でした。ここで自転車屋さんに修理をお願いすればいいのですが、何とか自分で分解してみないと気がすまない性格でして、早速マンション(3階)のベランダまで、自転車を担いで登り、早速分解開始です。
ボトムベアリング

せまーいせまーいベランダでクランクの根元にある14mmのボルトを外す(めちゃくちゃ硬い)次にクランクを
外す、しかしクランクが外れない!? べダルに体重を乗せクランクを外そうとするが全然外れない!?
こんな事では全然あきらめない ネットで「自転車 クランク外し」と検索すると出てくる出てくる。
「you tube」にまで、丁寧に動画が載っている。 そこでわかったのが、専用工具が必要だってことでした(ガーン)
P1010244.jpg

みなさんご存知でしょうか?「コッタレスクランク抜き」という工具を・・・ 自転車のクランクはテーパー状になっておりボルトを外しても、クランクが外れない仕組みになっているんです。自分で修理してみないとこんなことは
解りませんよねー  

ヤフオクで検索してみると
お値段約1200円程度・・・ 部品到着まで一週間・・・待てない

近所の自転車屋に行き 店員にコッタレスクランク抜き何とかってありますか?と聞くと
若いおにいちゃんが、「何に使うんですか?」と聞かれ色々説明すると
「いやーなかなか素人にはその修理は難しいですよー 自転車持ってきてもらえば5000円~10000円位で治せますよー」
と中々挑戦的な言葉を浴びせてくる。こいつは目の前にいるおじさんがどの程度の能力を持っているか、解っていない様だ。(怒)ますます自分で治してやるという闘志が湧いて来る 

自宅に帰り、ヤフオクで「コッタレスクランク抜き工具」を購入した。 一回ぽっきり使ってもう二度と
使わないんだろうなーと思いながら・・・・ 次回に続く

カテゴリ: papa日記

[edit]

△page top

プロフィール

The favorite car of papa

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最近のお買物♪

カテゴリ