相変わらず読書

 
毎日忙しいけれど
読書だけは毎日欠かさず続いています❤
職場で面白そうな本を見つけては借りてきたり予約をしたり・・・(笑
図書館へ行く事が趣味だった私は
週に3・4回のシフトで図書館へ行けるので嬉しい限りです♫♫♬

今年に入って主人と観に行った永遠の0で色々と考えさせられ
去年、原爆の悲惨さを子供たちに自由に閲覧させる事が問題視されたこともあり
今後、図書館や学校でも読むことができなくなってしまったら・・・と思い
子供たちに読んで欲しいなぁ~~と
“はだしのゲン”を借りてきてリビングに並べておいたのですが
息子は5年生の時、親の知らないうちに全部読んでいたそうです(汗
毎週、塾のない日は図書館へ行って受験勉強をしていた時
勉強の合間に休憩して全巻(全10巻)完読
何気に自慢げ・・・・(笑
娘はあまり興味を持たず2巻ぐらいで読まなくなってしまいました(涙
あまり強制はしたくないし、せっかくなので主人に勧めたら
毎日ベットの中で夢中になって読んでいました
他人に勧めておいて実は私も読んでいませんで・・・・(汗
おはずかしい。。。。。えらそうなことは言えません
主人を追いかけるように私も読み始め
ベットに入る時間がいつもより早くなりました
21時頃にはそれぞれ「ゲンの時間だから~~」と寝室に入るようになりました

確かに内容や描写には目を覆いたくなるかもしれません
しかし、このような作品を子供たちから遠ざけてしまうよりも
戦争の怖さや悲惨さを伝えていく為に子供たちには必要な作品だと思います
その怖さや悲惨さを知った時、初めて平和の尊さに気づくのだと思います
娘の様に目を背けてしまったとしても
きっと、戦争はしてはいけない!!という事だけは伝わったと思います
色々な見解のある問題ですが子供に何を伝えていくべきなのか
親としての責任と義務を色々な場面で
真剣に考えていかなくてはいけないと感じている今日この頃です





スポンサーサイト

COMMENT 4

mika  2014, 05. 27 [Tue] 11:46

shunkohさんへ❤

こんにちは♫♫♬
コメント、ありがとうございます!!
こんなマイペースなブログなのに遊びに来ていただき
本当に嬉しく思います♪

この「はだしの・・・」問題は経験していない私達世代にも
大きな課題として残されており
今後どのように語り継がなければならないのか
難しいですが、自分達の国が犯した過去の過ちを
二度と繰り返さないためにも目を背けることはできません
私も子供と一緒に学んで行こうと思います♪

秘密のコメもありがとう❤
ちゃんと読ませていただきました♫♫♬
みなさん、お元気でお過ごしとのことで何よりです
御子息様も頑張っていらっしゃるようですね!!
大丈夫です、この努力は必ず実りますよ❤
是非部室で愚息に・・・・(笑
私も差し入れに行きますよーー♪

Edit | Reply | 

shunkoh  2014, 05. 26 [Mon] 09:35

おはようございます。

「永遠の0」は息子も読みました。
私自身、伯母が広島や呉に一時期住んでいたことも
あり、原爆ドーム、江田島の海軍学校を2回、訪れた
ことがあります。
息子達にも一度は訪れてほしいと思っています。
悲惨でもそれを知ることが大切なことだと思います。
戦争についての書物も様々な角度から読み、感じ、
考えて欲しいと思います。

Edit | Reply | 

mika  2014, 05. 26 [Mon] 07:35

ゆーりぃ さんへ❤

おはようございます
コメントありがとうございます♪
とっても嬉しいです❤

ゆーりぃさんのおっしゃるとおりですよね
私達世代が次世代へ伝えていかなくてはならないと
心底思います
軍事的解決を避ける為には
国民一人ひとりが世界情勢や外交、政治思想への感心と思考を持ち
戦わない決断をし平和を維持していかなければならないと思います

先日息子と集団的自衛権について話す機会がありました
中学生ながらも自分の考えをちゃんと持っている息子に
ちょとびっくりしました
私も見習わなくっちゃ(笑

Edit | Reply | 

ゆーりぃ  2014, 05. 25 [Sun] 12:27

mikaさん、お久しぶりです☆

「はだしのゲン」、いろいろ話題になっていましたね。
お子さんによって、内容を受け入れられる時期は様々だと
思いますが、その時期が来たらいつでも手に取って見れる
環境があることはとても大事ですよね。

今、自分が生きている平和な世の中は先人の知恵や工夫、
あるいは様々な戦慄や犠牲への反省によって成り立っている事実を
理解することは、文面の羅列だけでは今の子供達には
難しいことも多いかと思います。

そういった面に於いてもはだしのゲンや原爆ドーム、
アウシュビッツ収容所など、歴史上の負の面を如実に
現すものは、これから未来を創っていく子供達に
私達が先人から受け継ぎ、残していかなくてはならない
遺産の一つなのかもしれないですね。

Edit | Reply |