お友達からの

先日のお昼ごろピンポ~~ンとチャイムの音
はて??何かな~??
「 お届けもので~す! 」と郵便局の方
差出人を見てビックリ!!
so-が幼稚園年少時代に違うクラスにもかかわらず
親子共々とっても仲良くしていただいたmama友達 ♪
息子君はso-と同じ名前
しかも漢字は珍しい字なのですが漢字も同じ
我が家と大きく違うのは 
かなりの美男・美女一家なのです!!
お話ししているとうっと~~りしちゃうぐらい
mamaさんお美人さん ♪
淋しいことに数年前お引越しされて
(お引越しと聞いた時は寂しくってマジ泣きでした)
お会いする機会も無く年賀状のやり取りだけ・・・・・(涙
そのmamaさんからお届けもの??
さっそく開けてみるとお手紙と1冊の絵本が・・・・・・



すぐに読み始める私本をめくるとかわいい挿絵とともに
やさしく包まれるような文章で
リズム感のある、なんだか歌の歌詞を読んでいるような
そんな気分になりました
ぷうこさんの何気ない日常が
テンポ良く、ストーリーが展開
こちらまで穏やかな気持ちになるのです
後半ぷうこさんがなかなかお家に戻ってこなく
ちょっと心配になる場面も・・・・・
でも最後にはぷうこさんのどんぐりの木への
暖かい気持ちと願いがこれまた涙を誘います ♪




この本は漢字がいっぱい
フリカナがついていないので
まさしく「 mama(papa)これよんで~~!! 」
と持って来てお膝に乗っけて読み聞かせる
そんな時間をステキに演出してくれる最高の絵本です
皆さんも機会があればぜひ手にとって
子供達に聞かせてあげてくださいね


話しが前後してしまいましたが
この絵本は贈ってくれたmamaさんのお義母さまが
2001年に毎日新聞主催の
第18回  「 ちいさな童話大賞 」 で賞を頂いた作品を
1冊の絵本にしたのだそうです
こんなステキなストーリーを考えられたお義母さまは
きっとステキな方なんだろうな~~と思います
そして私のことを思い出しプレゼントしてくれた彼女にもまた
感謝の気持ちでいっぱいです

ステキな1冊にめぐりあい幸せになりました

ありがとう ♪

ぷうこさんとどんぐりの木のその後を

いろいろと想像しながら

子供達と大切に大切にしていきたいと思います 



NHK学園
ぷうことどんぐりの木


スポンサーサイト

COMMENT 0