林先生の講演

続き・・・・ ♪













さてさて、おなかいっぱいになって

幸せを感じつつ

yuriりんさんと私は共立講堂へ・・・・・

すでに入り口にはたくさんの方々が前の席に座ろうと長蛇の列

そこでビックリしたのは年齢層・・・・ (汗

だって・・・・・おば様方でいっぱいなんですもの (笑

そりゃ~私もおばさんですが・・・・・

さらに上を行くおば様方です!!

どうして源氏はおば様方にすかれるのしょうか?













舞台に現れた林先生は

シックに黒でまとめたお洋服にも

スカートのすそにはマーメイド風の白いフレアーが

とっても女性らいくキュートなイメージでした

源氏物語を知る人は誰でもそうだと思うのですが

あまり好かれるようなイメージの無い登場人物

六条御息所目線での新たな源氏ものがたりを連載中で

執筆秘話や登場人物の性格分析を

面白おかしくお話しされていました

会場は林 真理子先生の世界へドット引き込まれ

笑いの絶えないあっという間の1時間でした

その後は対談ということで共立女子大の准教授・生徒さんが登場

古典の魅力・おすすめの古典等を紹介していただきました

















たっぷり2時間講義に集中し

yuriりんさんと充実した時間を過ごせ満足、満足

余韻に浸りながら

帰り道お天気もよいので皇居の周りを散策しながら

東京駅まで歩きました

その途中(皇居の外周)に震災いちょうと呼ばれる

樹齢150年を超える大きなイチョウの木がありました

大正十二年九月の大震災によって一面焼け野原となった都心に

奇跡的に生き残ったそうです

立看板の説明書きを読みながら

まじまじと覗きこむ私たち





 「 あっ!!! 」







偶然こんなものを見つけました

















どなたか秋を愛する方がどんぐりのおうちを見つけてくれたようです

なんだかほんわか暖かい気持ちになって

それぞれ家族の待つお家へ帰る

私たち文学少女?(笑 ふたりなのでありました









スポンサーサイト

COMMENT 0