スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の形見

珍しく連投です(笑
お次もpapaの会社の方へ感謝のブログ

mamaの父方の祖父は旭川に住んでいました
よく札幌にも遊びに来てくれて
ニコニコと微笑んでいつも温かく見守ってくれていて
おじいちゃんといると安心感で満たされる
あったか~い、あったか~い存在でした
毎回、我家に着くと一息つく暇もなくすぐにお風呂場へ行き
砥石をいくつも並べて我が家の包丁を丁寧に丁寧に研ぎ始めます
始めのころは子供の私も覗き込んでいるのですが
一切口を開かず、何分立っても同じ地味な作業で(笑・・・失礼
そのうち飽きてしまいその場から離れてしまいました
でも、おじいちゃんに研いでもらった包丁はいつも切れ味抜群♪
祖母も母もとても喜んでいました
なのでおじいちゃんの印象と言えば包丁研ぎが強いのです
そんな優しかったおじいちゃんも十数年前に他界してしまいました
実家の包丁も研ぎ師を失ってしまい
おじいちゃん、今度はいつ研ぎに来てくれるのかしら??と
心待ちしているように台所で寂しそうに並んでいます

時は経ち私達一家も北海道を離れ
いつものように台所に立っていて包丁の切れ味が悪いのが気になり
「包丁を研げればなぁ~~」とぽつりと言ったひと言に
papaがすぐに立ち上がってくれました
まずは研石をそろえよう!!っと色々調べてくれて
そういえば・・・・とおじいちゃんの使っていた砥石を思いだし
旭川の叔母にTELをして見ると
主を失った今も尚大事に大事に保管されていると聞いて
譲り受けることになりました
快く譲ってくれてありがとう

届いた砥石で何度かpapaが研いでくれたのですが
おじいちゃんのようになるまでは道は長そう・・・・(笑
砥石自体もうすり減っていていびつな形をしているし
しょうがないのかなぁ~~

後日そんな話を会社でしたようで
なんと会社に砥石をまっすぐに削れる方がいると知り
今度持って行ってお願いしてみるよ!!と
早速重い砥石を2つもかばんに入れて持って行き託してきてくれました
その方だって持ち帰るのに重かっただろうと思うと恐縮してしまいます
でも、おじいちゃんの形見をみんなで大事にしてくれて
嬉しくって涙が出そうでした

そして昨晩、我が家にきれいに形が整った砥石が帰ってきました
内田さん・・・・普段会社で主人がお世話になっているうえに
嫁のおじいちゃんの形見まですっかりお世話になってしまい
本当に恐縮と感謝でいっぱいです
ありがとうございました
旭川に住む叔母も、そして何よりおじいちゃんもきっと喜んでいると思います
大事に大事に“papa”に使ってもらいます(笑

また1つ「中川家の食卓」に大切なものが仲間入りです
私も更に頑張んなくっちゃ!!
P1000446_convert_20110607090718[1]
かなり年季の入っている砥石
孫の代まで引き継いでほしいなぁ~~
コレを見るとおじいちゃんがお風呂場で
包丁を研ぐ姿を今でも鮮明に思い出し
もうちょっと長生きして欲しかったなぁ~~としみじみ思います


スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。