スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡?の修復シリーズ 

こんにちはpapaです。
最近mamaが全然ブログを更新しなくなったので、
ちょっと企画を考えてみました。内容は身の回りの物が壊れて
何とか自力で修理する(治せない事もよくある)事をブログで公表してみようと思います。
第一回目は自転車です。
愛車 SCHWIN

私が乗っている自転車はマウンテンバイクで、2005年に福岡に単身赴任で3ヶ月住んでいたときに
買ったお気に入りの自転車です。「SCHWIN」というアメリカのメーカーで当時3万円位で買いました。
こいつに乗って福岡市内を冒険しまくり、埼玉に帰ってきてからも、浜松町の会社まで自転車で行ってみたり
かなりの距離を走っており、見た目も結構ボロボロな状態になっておりますがなかなか愛着もあり気に入っております。

ある日ペダルをこぐと「ガキン!」と違和感のある異音がでるようになってしまいました。思いっきり力を入れて
ペダルを踏み込むと音が鳴るような感じでしたが、原因が解らずそのまま乗り続けておりました。
やがて「ガキン!」は頻繁に鳴るようになり、とうとう踏み込む度に「ガキン!」「ガキン!」「ガキン!」と
末期状態になったので、駐輪場で点検してみるとペダルのクランクとクランクの間に入っている「ベアリング」が磨耗して異音がしている様でした。ここで自転車屋さんに修理をお願いすればいいのですが、何とか自分で分解してみないと気がすまない性格でして、早速マンション(3階)のベランダまで、自転車を担いで登り、早速分解開始です。
ボトムベアリング

せまーいせまーいベランダでクランクの根元にある14mmのボルトを外す(めちゃくちゃ硬い)次にクランクを
外す、しかしクランクが外れない!? べダルに体重を乗せクランクを外そうとするが全然外れない!?
こんな事では全然あきらめない ネットで「自転車 クランク外し」と検索すると出てくる出てくる。
「you tube」にまで、丁寧に動画が載っている。 そこでわかったのが、専用工具が必要だってことでした(ガーン)
P1010244.jpg

みなさんご存知でしょうか?「コッタレスクランク抜き」という工具を・・・ 自転車のクランクはテーパー状になっておりボルトを外しても、クランクが外れない仕組みになっているんです。自分で修理してみないとこんなことは
解りませんよねー  

ヤフオクで検索してみると
お値段約1200円程度・・・ 部品到着まで一週間・・・待てない

近所の自転車屋に行き 店員にコッタレスクランク抜き何とかってありますか?と聞くと
若いおにいちゃんが、「何に使うんですか?」と聞かれ色々説明すると
「いやーなかなか素人にはその修理は難しいですよー 自転車持ってきてもらえば5000円~10000円位で治せますよー」
と中々挑戦的な言葉を浴びせてくる。こいつは目の前にいるおじさんがどの程度の能力を持っているか、解っていない様だ。(怒)ますます自分で治してやるという闘志が湧いて来る 

自宅に帰り、ヤフオクで「コッタレスクランク抜き工具」を購入した。 一回ぽっきり使ってもう二度と
使わないんだろうなーと思いながら・・・・ 次回に続く
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。